2016年5月21日土曜日

柳絮(リュウジョ)と呼ばれる白い綿毛のついた種子を付けるドロノキ

僕の撮影フィールドは近所にある皇子が丘公園という自然公園です。
大津市の西側、比叡山の麓あたりの丘陵にあり、
四季折々の草花が美しい姿を見せてくれます。
写真撮影の練習にはとてもいい舞台になっているのです。
春は彼岸桜の一種である「ハツミヨザクラ」、初夏には「ツツジ」「アジサイ」、秋になるとカエデの林が真っ赤に染まります。

今の時期、「ドロノキ」という柳の仲間が柳絮(リュウジョ)と呼ばれる白い綿毛のついた種子と付けています。
柳絮は風に舞い、あたり一面に降り積もり、まるで雪が積もったような景観となります。
中国の方では初夏の風物詩になっていますが、日本で観るのは珍しいようで。
日本の柳は枝垂れ柳なので、柳絮を付ける柳は大陸から渡ってきたものなのでしょう。

この木が街路樹にあったなら、あたり一面綿だらけになって、少しばかり面倒なことになるでしょうね。




0 件のコメント:

コメントを投稿