2016年5月14日土曜日

泡の隠れ家~アワフキムシ

僕は休日には近所の自然公園にカメラをぶら下げて散策するのが日課です。
特に初夏の好天に恵まれた今日のような日は無性に外に出たくなります。

今の時期、木には柔らかな新しい葉を付けているのですが、
枝に何やら泡のようなものが付着していました。
モリアオガエルの卵塊にしては小さい。
アワフキムシの幼虫の住処にしては大きいようですが、
やっぱりアワフキムシの住処なのでしょうね。
アワフキムシはセミの仲間で、成虫はセミを小さくしたような容姿をしています。
姿を捉えた画像がないので、掲載ができませんが、興味がある方は検索してみてください。

セミの仲間であるアワフキムシの幼虫は同じように木の汁を吸って成長します。
栄養分だけ取った汁を排泄する際に、分泌液を混ぜて石鹸のようなものを生成、
それにお腹のある気門から空気を混ぜて、泡状にし、
この泡に中に幼虫は隠れて過ごします。

この泡は雨や風で壊れない丈夫な作りで、蟻などの天敵が入り込むと呼吸ができなくなって死んでしまいます。
アワフキムシってすごい力を持っているのですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿