2017年4月2日日曜日

ヒメオドリコソウも群生すると迫力がある

春の野草の代表格のひとつヒメオドリコソウ。
漢字で書くと、「姫踊子草」ですね。
踊り子のような姿からその名前が付きました。
一回り大きいオドリコソウという野草があることで、
小柄なこちらには姫が付けられたようです。

撮影したのは3月20日で、外はまだ寒かったです。
寒い中でも、健気に踊る踊り子たち。
小さな花弁が可愛いですね。

明治時代中期にヨーロッパから来た野草です。
外来種って呼んでいるのですが、日本の野草は外来種が多いですね。




0 件のコメント:

コメントを投稿